心理カウンセラーになるには資格習得が必要

福祉の仕事

女医

福祉とは生活する上で困っている人々や生活に不安を抱えている人々、また社会的に疎外されている人々に対して、何らかの問題解決を提供するものです。福祉の範囲は広範囲で、一般には自治体、独立機関、慈善団体、病院などのほか、老人介護などもあります。日本ではこれら福祉事業に携わる人の総称としてソーシャルワーカーという言葉が使われてきましたが、現在ではソーシャルワーカーは社会福祉士と精神保健福祉士の国家資格の総称となっています。ただ法的にソーシャルワーカーとい名称はあくまでも総称であり、無資格者でも福祉に携わる仕事をしているという意味でソーシャルワーカーを名乗ることができますが、やはりソーシャルワーカーとして働くのであれば、社会福祉士の資格を目指すことになります。社会福祉士になるためには、高校を卒業後に福祉系の4年制大学や専門学校で指定科目を履修し卒業する必要があります。これは受験資格を得るために必須であり、卒業後に国家試験を受け合格して、社会福祉士として登録することでソーシャルワーカーとして働くことができます。大学以外では専門学校がありますが、専門学校でも全日制や定時制のほか通信制などが用意されており、働きながら受験資格を得ることも可能です。またすでに受験資格を有している場合には試験前に集中して勉強を行う受験対策コースを設けている専門学校もあります。また通信講座や独学でも目指す人がいますが、いずれにしても受験資格を有していることが利用する条件といえます。