心理カウンセラーになるには資格習得が必要

独自の性格を持つ医療資格

医者

先進機器を駆使する技術者

診療放射線技師は、医療機関において放射線を使用する検査や治療に携わる専門職です。放射線を使用する医療行為の具体例としては、X線撮影、CT検査、放射線によるがん治療などがあります。診療放射線技師は、これらの診療に用いる機器の操作や調整、画像の取得などを行います。放射線は正しく使えば健康の維持・増進に役立ちますが、一歩間違うと人体へ害をもたらすこともあります。そのため、その管理や使用には高度な安全性や正確性が求められます。患者はもとより、周囲の医療技術者の安全をも守る診療放射線技師の役割は、非常に重要なものがあります。また、放射線診療機器はその構造や操作法が極めて複雑であるという特徴を持っています。以前は医師が自ら機器を操作することもありましたが、最近では高機能化に伴って分業体制が確立されるようになっています。医療機関という組織に属しながら独立した技術者的な性格を持ち、スペシャリストとして専門的かつ先進的な技能を駆使できるところに、診療放射線技師のやりがいと責任があります。診療放射線技師になるには、国が指定した養成機関で必要な技能等を学んだ後で、国家試験に合格する必要があります。試験の合格率自体は70〜80%と高めですが、養成機関における学習は医学・物理学・生物学・工学など多岐にわたる高水準のものです。学習期間は大学の場合は4年間、短大の場合は3年間、専門学校では3年または4年間となっています。