心理カウンセラーになるには資格習得が必要

福祉の仕事で活躍できる

白衣の人

資格取得に必要な知識

現代における日本では、高齢化社会から超高齢化社会へと変わってきており、高齢者を支える医療業界や各種の福祉施設など様々な分野において環境の変化が見られています。医療分野については、医師や看護師などの国家資格が必要な職種なども多く見られより専門性の高い職種が必要とされています。保険医療の分野においては、社会福祉の観点から患者さんやその家族を支えるために、医療ソーシャルワーカーという職業があります。この職種については、患者さんや家族が抱えている経済的、心理的、社会的な問題を解決したり調整するという業務を行っていて、社会復帰への促進を主とした業務です。この医療ソーシャルワーカー資格については、特別決められたものがありませんが、その多くは社会福祉士や精神保健福祉士の資格を持っているソーシャルワーカーとなっています。医療ソーシャルワーカー資格については、4年制大学において専門分野について教育を受けた修了者が勤務先でその業務を担っていることが多いようです。その専門性の高さから専門教育を受けている人たちがこの業務を担っているのが現状と言えます。就職については、医療ソーシャルワーカー資格が定められていないために社会福祉の教育や社会福祉士の資格者を採用するケースが多く見られていて、社会福祉の専門家としての知識や資格を持っていることが重要となります。将来的には、専門性が高いことから何らかの形で医療ソーシャルワーカー資格が定められることも十分に考えられます。