心理カウンセラーになるには資格習得が必要

医者

独自の性格を持つ医療資格

診療放射線技師は、X線撮影やがん治療など、放射線を使った検査や治療を専門に行う治療技術者です。医療関係者でありながら先端的なテクノロジーを駆使するという、独特な性格と魅力がある仕事です。3年以上の専門学習を経て、国家試験に合格することで資格が得られます。

心理学知識が絶対的に必要

カウンセリング

専門スキルを習得するため

心理カウンセラーになるには、必要となる資格は実は存在しません。資格がなくとも心理カウンセラーになることは可能です。しかし心理カウンセラーになるには心理学をよく知らなければなりません。それだけではなく、カウンセリングや神経科学も知識として要されることがあります。独学で勉強する人もいますが、実践や実習をしないで急に心理カウンセラーとして働くには難しいものがあるほど単純な職ではありません。しかし社会人となって心理カウンセラーになりたいと思う人もいまして、そのような人がもし大学から通って勉強しようと考えるのであれば、臨床心理士の資格を取る場合は大学院の修士課程を修了しなければなりませんから、臨床心理士になるには最低でも7年学校に通わなければなりません。そこまで時間をかけられないという人の場合は専門スクールで学ぶ方法もあります。専門スクールに通って学ぶ場合は臨床心理士の資格を取ることはできませんが、産業カウンセラーという資格を取ることができます。ちなみに心理学関連の資格で特によく知られている臨床心理士や産業カウンセラーは学校や専門のスクールに通わなければ取得できません。たとえ独学で取得できるものでも、あまり心理カウンセラーとして活動してもあまり信用されにくいといわれています。やはり心理カウンセラーになるには、専門の勉強ができる学校に通ってスキルを習得し、資格を取得するほうが活動するために良い方法となります。